メニュー

平成29年度の取材報告(10~3月)平成29年度の取材報告(4~9月)H28重点項目Ⅰの取材報告(取材日)H28重点項目Ⅱの取材報告(取材日)H28重点項目Ⅲの取材報告(取材日)教育振興施策に関する役立つ資料各学校・教育委員会からお知らせ教育広報担当の紹介

更新情報


 (最新更新日:3月29日)
上のメニュー欄から取材報告をクリックし
てください!下記更新のアンダーライン部
分からも関係ページを見ることができます。

===平成29年度分====
◎更新76(3月29日)
〇近畿高文祭マスコットキャラクター教育長表敬訪問
重点項目Ⅲ
◎更新75(3月27日)
〇徳島科学技術高校ドイツとの技術交流(重点項目Ⅲ)
◎更新74(3月23日)
〇阿南光高校 本館落成式(重点項目Ⅰ)
◎更新73(3月19日)

〇「あわっ子文化大使」認定証授与式(重点項目Ⅲ)
◎更新72(3月14日)
〇6次産業化プロデュース事業成果報告会(重点項目Ⅱ)
◎更新71(3月9日)
〇池田高校辻校・三好校 遠隔授業(重点項目Ⅰ)
◎更新70(3月7日)
〇板野支援学校の取組(重点項目Ⅰ)
◎更新69(2月27日)
〇ドイツ・ニーダ-ザクセン州高校生と本県高校生との交流(重点項目Ⅲ)
◎更新68(2月21日)
〇SOOH事業・NIPPON探究スクール事業発表会(重点項目Ⅰ)
◎更新67(2月19日)
〇鷲敷中学校 遠隔協働授業(重点項目Ⅰ)
◎更新66(2月14日)
〇学校における働き方を考える取組(重点項目Ⅱ)
◎更新65(2月8日)
〇東みよし町コミュニティ・スクール(重点項目Ⅱ)
◎更新64(2月6日)
〇徳島商業高校SPH研究成果報告会(重点項目Ⅰ)
◎更新63(1月29日)
〇阿南光高校 校歌披露式(重点項目Ⅰ)
◎更新62(1月25日)
〇6次産業化プロデュース事業・県南(重点項目Ⅱ)
◎更新61(1月23日)
〇キャリア教育推進フォーラム(重点項目Ⅰ)
◎更新60(1月18日)
〇あわ(OUR)教育発表会(重点項目ⅠⅡⅢ)
◎更新59(1月12日)
〇あわっ子文化大使の取組(重点項目Ⅲ)
◎更新58(1月10日)
〇小松島高校 全校一斉生徒授業(重点項目Ⅱ)
◎更新57(12月28日)
〇徳島ウィンターキャンプ2017(重点項目Ⅲ)
◎更新56(12月25日)
〇脇町高校 主権者教育の取組(重点項目Ⅱ)


更新(3月21日)
「徳島教育大綱」のHP更新!
★平成29年度事業に対応しました!
H29過去の更新情報はこちらへ
H28過去の更新情報はこちらへ
 ★過去にアップした取材記事に直接リンクしています!
 

カウンタ

COUNTER68422
高校生「ジュニア観光ガイド」養成講座




世界に羽ばたくグローカル人財の育成 のうちの 徳島発、世界を体感できる環境づくり
に関わる取組

それぞれアンダーラインの箇所をクリックして資料や取材記事を御覧ください。

 平成28年度Tokushima 英語村プロジェクト・ステップアップ事業について

 高校生「ジュニア観光ガイド」養成講座(全8回)

  第1回 開講式・講義Ⅰ[6月25日(土)] ☆6月25日取材
    ①徳島県の観光について ②英語通訳について ③ワークショップ

  第2回 講義Ⅱ[7月16日(土)] ☆2つの講座を実施しました
         ①“阿波藍”を主な題材として,徳島の文化について学びました。
     ②第3回の実習を想定して,「観光案内所」や「お土産店」での通訳の実際を
     ロールプレイングで体験しました。

  第3回 実習Ⅰ[8月13日(土)]
    ダイヤモンド・プリンセス徳島小松島港寄港アテンド

  第4回講義Ⅲ[9月24日(土)]
    ①“四国遍路”を主な題材として,徳島の文化について
    ②タブレットの活用方法について
    ③英語通訳について
    の3つの講座を受講しました。

  第5回 実習Ⅱ[10月9日(日)]
    ロストラル(フランス客船)徳島小松島港寄港アテンド  ☆10月9日取材

  第6回実習Ⅲ[11月26日(土)]
    JICA研修生(鳴門教育大学)研修アテンド県内実習[藍の館・霊山寺・阿波おどり会館]
    ☆11月26日取材

  第7回実習Ⅳ[12月17日(土)]
    県外実習(京都:清水寺,祇園花見小路,伏見稲荷)
     ※大学生ボランティア通訳ガイドと一緒に研修をしました。

  第8回 実習Ⅴ・修了式[1月29日(日)]  ☆1月29日取材
    県内実習(徳島大学留学生を,「うだつの町並み」と「紙すき体験」の案内)
    徳島の魅力のプレゼンテーション・閉講式[あわぎんホール]

  
      平成28年度の高校生「ジュニア観光ガイド」一期生19人が認定されました!